スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンウイスキーの礎   オールド・オーバーホルト ライウイスキー

オールド・オーバーホルト_convert_20180510142721

お久しぶりです。ここのところ夏のような気温と春の入り口のような肌寒い気温が入り混じっていますが
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

今日はアメリカンウイスキーの礎とも言われたライウイスキー、オールド・オーバーホルトのお話です。オーバーホルトは1810年にペンシルベニア州に設立されたアメリカで最も古くから続くウイスキーブランドだと言われています。ライウイスキーの代表的なブランドであり、今はサントリーホールディングスの子会社です。現在はケンタッキー州クレモント、ジムビーム蒸留所で生産されています。

1800年創業者であるヘンリー・オーバーホルトはドイツからペンシルベニア州に移住、もともとドイツではコーンやライウイスキーを蒸留いていた地域の出身だったそうです。2代目のエイブラハムは蒸留所を引継ぎ、会社を急速に成長させていきました。日に12~15ガロンの生産量を860ガロンまで増加させたほどです。

1881年にはエイブラハムの孫ヘンリー・クレイ・フリックに会社を引き継がせました。フリックはアンドリュー・メロンとチャールズw・マックをパートナーとして迎え1/3づつ所有し、マックは「オールド・オーバーホルト」を会社の公式名として採用、樽を売る代わりにボトルを売り始めラベルにはエイブラハムの絵をロゴに加えるようにしました。こうしてオーバーホルトは20世紀初頭には最大の最も支持されるウイスキーブランドにせいちょうしました。1919年フリックが世を去ると彼の経営権はメロンに引き継がれオーバーホルト家のオーナーシップは終わりを告げます。

この後時代はあの禁酒法時代や第二次大戦を迎えることにになりますが、禁酒法時代でも薬用ウイスキー等政府からの許可を受けたものは製造することができたそうです、何なんでしょうかね?薬用ウイスキーって。そして何とメロンが以前、第29代大統領の財務長官をやっていたおかげでオーバーホルトはその薬用ウイスキーの販売を許可されました。しかし、禁酒法下のプレッシャーに耐えきれずにメロンは自分の経営権をニューヨークの食料品店に売ってしまいました。1932年再びナショナル・ディスティラリー・プロダクツに売られてしまい、こうして地元ペンシルベニア州での経営も終わりを告げました。第二次大戦が始まるとオーバーホルトは政府から工業用アルコールの製造を命令されました。戦後、ウイスキーは人々から忘れ去られ、ウオツカが好まれるようになり、特にライウイスキーは人気を無くしていました。1970年代売上の低迷を闘い抜きましたが1987年オールド・オーバーホルトはジムビームに売られてアメリカンブランヅの子会社なり、製造はケンタッキー州に移っていきました。現在は
ジムビーム部門を取得したサントリーホールディングスの傘下となっています。

前述の薬用ウイスキーってありましたが前から思ってましたが、オーバーホルトのボトルを見るとくすりの瓶のように感じてました。ライウイスキーはカクテルのマンハッタンのベースにも使われますが、オーバーホルトはそのままストレートでもオン・ザ・ロックでもライのほのかな甘みとスパイシーな風味が美味しいアメリカンウイスキーです。是非、お試しください。

スポンサーサイト

スプリング・フィーリング   シャルトリューズ ヴェール

スプリングフィーリングー2018_convert_20180420114710

春の嵐も去り、新緑の気持ちよい季節になってまいりましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか。皆様の中には転勤や異動で新しい環境で心機一転奮闘されておられるでしょう。そんな時はこのリキュールで乗り切りましょう。

シャルトリューズは1737年、カルトジア派の僧侶によって作られたフランスのリキュールです。リキュールの名前はフランス、グルノーブルにあるシャルトリューズ修道院にちなんでつけられたそうです。

シャルトリューズにはグリーンとイエローが代表的ですが、今日はグリーンシャルトリューズについてです、フランス語ではグリーンをヴェールというので、ヴェール(緑)、ジョーヌ(黄)という方もいます。グリーンシャルトリューズは130種類のハーブと他の植物原料をアルコールに浸して柔らかくさせ、さらに8時間染み込ませるという最初のプロセスを経て作られます。最後の浸漬の過程でこの緑色が自然に着くそうです。以前はシャルトリューズカラーと何とも言えない黄緑色の名前として言われたこともあるそうです。


さてこのグリーンシャルトリューズを使ったスプリングフィーリングというカクテルがあります。ジンベースでレモンジュースを加えた爽やかな風味です。春にぴったりの一杯です、是非お試しください。

桜咲く

for b sakura2017繧ォ繧ッ繝・Ν_convert_

桜の花も満開の時を迎え、陽気もいい季節になってきましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか。毎年の春の景色なのですが、桜の花の時期はいいものですね。日頃通らない経路でも桜の木があることを記憶していれば、多少の回り道だとしてもそちらの道に足が向いてしまいます。

今が一番の桜の花の見頃なのでしょう、道路の両側に桜の木がつづく通りでは道に覆いかぶさる枝につけた花が
桜の花でびっしりと埋まったアーチが見事です。短歌だか和歌だかもわからない上に原文すら覚えていませんが、満開の桜の花こそ美しくゆえに散ってほしくないと歌うものの返歌に、桜の花は散る時こそが一番美しいのだというものがうる覚えですが、あったと思います。どちらも桜の花は散ってしまうとわかっているのです。
どちらが美しいシーンなのか選べと言われても私は選べませんどちらも美しいのですから。
そもそも桜がほんの少しの間に咲いて散ってしまうことに人が想いを抱くのでしょう。と言った訳で、今年も桜をイメージしてカクテルを作りました。

さて、何ていう名前にしましょう(笑)

Y氏のキャプテン・モルガン

Cモルガン_convert_20180316150926

Y氏は仕事で海に出ることが多い方です。そう言われてみると何となく海の男という匂いがします。

周囲に海で仕事をしていると言うと彼は漁師ではありませんが、漁師だと勘違いされ、ここから海まで通うの大変

ですねと言われるようです。それはそうでしょう、Y氏はこの辺りに住んでおられるのですから吉祥寺辺りに住ん

でいる漁師なんて、今のところ聞いたことがありません。海の仕事イコール漁師か船乗りという想起する人が多い

のでしょうけれど。

ラムも船乗りの、海の酒と言ってもよいでしょう。

なんと言ってもネルソンズ・ブラッドです。(英海軍、ネルソン提督の血)

キャプテン・モルガンはご存知の通りラムであります。

Y氏はこのキャプテン・モルガンを愛飲されています。

やはりラムは海の男たちを引き寄せて、癒すのでしょうか。

針 毒牙 皮肉屋   スティンガー

スティンガー冨美convert_20180130192746

お久しぶりです。

ずっと居座る寒波のせいで

冷え込みのきつい今日この頃ですが、

皆様お元気でお過ごしでしょうか。

今日はカクテル スティンガーのお話です。

カクテル言葉では、毒牙 皮肉屋と散々ですが


スティンガーは1890年頃が起源だといわれているカクテルです。

そのカクテル名は精神的にきつい事を言ってくる

裁判官が由来だとも言われていました。。

ブランデーとホワイトミントリキュールと

シュガーシロップで作られると1892年にウイリアム・シュミット氏

カクテルブック Following Bowlにあります。

スティンガーは瞬く間にニューヨークで評判になり、

すぐにソサエティ、上流階級に知られるところとなりました。

1930年に発刊された ジェリー・サリバン氏の

The Drinks Yesteryear :A Mixology,によると

禁酒法時代までは、スティンガーはバーテンダーのレパートリーでは

論評のまとでした。

当初、スティンガーは食前酒としてのカクテルとしてよりも

むしろ食後酒のディジェスティフとしてみられていました。

1010年、1920年にユーモア作家 ドン・マークウイスの作品の中で

スティンガーはカクテルとしてではなく、上流階級のステータスとして

記されています。

しかしながら時が経ち、スティンガーはカクテルとして

好んで飲まれるようになったのです。

スティンガーはアメリカ合衆国の禁酒法時代流行っていたカクテルだったのは

当時手に入る劣悪なブランデーの味をクレーム・ド・メンテ(ミントリキュール)が

隠してくれたためでした。

1970年代後半アメリカ人はスティンガーを好まなくなって

21世紀初めにはあまり知られていないカクテルになってしまったようですが…。

少しミントリキュールを抑え目にしてみると

ほんのりしたミントの清涼感がブランデーの甘さを引き立てる味わいは、

食後酒としても、もちろん

気分を変えたい大人の女性のお供にいいカクテルではないでしょうか。

是非、お試しください。
プロフィール

ジョウジの港

Author:ジョウジの港
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。