ハードな中に  ラフロイグ 10年



「すっとこの酒が好きでね、20年くらいの付き合いだ」

そう言って美味しそうに飲んでくれるお客さんがいます。

アイラモルトの代表格、ラフロイグ

まさにあの薬臭いとか煙いとかそういうモルトです。

すっかりメジャーになりファンも多いでしょう。

紅茶にラプサン・スーチョンというのがあって、その香りに似ているという方もいます。

なるほど、確かに。

「この匂いを嗅ぐと、どう考えたって苦い薬を連想するじゃない?」

「でもね、口に含んで舌の上でゆっくりころがすと、甘味を感じるんだ」

「生きていると毎日こんなこと感じない?」

「ハードな中にある安らぐ何か・・」

なるほど、これも確かに。

卵焼きの中にガリッと殻を噛んでしまうより

苦味のその向こうに甘い何かに出会うことの方がいいですかね?


スポンサーサイト

水平線のグレナディン ジャック・ローズ



昼に空を見上げれば、青い空に白い雲、綺麗な夏空

夜は真ん丸お月様、ブルームーン

そして、お気に入りのカルヴァドスとペリエにレモンピール

他にお客のいない静かなバー

こんな時はいつも心晴れない一人きり、わかる?こんな気持ち

ええ、わかりますよ、私もよくそんな気持ちになる風景に遭遇します

車で暮れなずむ海岸線を、東から西へ走らせている

切通しを抜けて下り、眼前のベイサイド、水平線に美しい夕焼けのグレナディン

でも助手席には誰もいない、こんな気持ちですね?

そうね、そんな感じかな

そんな気持ちは置いといて、

お気に入りのカルヴァドスを使った夕焼けみたいなカクテル

ジャック・ローズでもいかがですか

郷愁 グレンフィディック12年



まだ学生だった頃、家族が寝静まると夜な夜なそっと台所に降りて

シンクの下の戸棚にあった父のウイスキーを盗み飲みしました。

サントリーのオールドやリザーブ、あとは銘柄は忘れましたがコニャックのナポレオン

ほぼ毎日、このように夜な夜な盗み飲みしたので、ボトルの量が減っていき、ある日ばれたのでした。

それ以来、私は酒屋で1リットルの安いウイスキーをあてがわれたのです。

もちろん味などわかってはいなかったのですが、値段と量でウイスキーの価値を計ってたんですね。

1リットル1,000円くらいのウイスキーはうまくないと感じてました。

ある日、地元の幼馴染友人の家に遊びにいったら、友人の父がウイスキーを飲んでいました。

見たこともないグリーンの三角のボトル、「飲んでみるか?」と言われたので、うんうん頷いたのを

覚えています。「これはね、混ぜてないヤツなんだ、うまいだろう?」と友人の父が言ったのを聞いて

ウイスキーは混ぜてあるのとないのがあるんだと、そうか1リットル1,000円のウイスキーは混ぜてあって

これは混ぜ物がない高級品なんだと、考えました。まあハズレてはいませんが(笑)

シングル・モルト・ウイスキーとの初めての出会いだったんです。

もちろんその時の味は覚えていませんが、今飲むのとは全く違っていたんでしょうね

実家に行って、友人の家の前を通ると思い出します、

この優しいモルトウイスキーと物知りな友人の父を。

ジン・トニック 特別な8月2日

P8020262_convert_20120803011447.jpg

5年前の8月2日、吉祥寺のジョージズ・バーのオーナー・バーテンダー

佐伯さんが亡くなった日

キャリア半世紀、バーテンダーにとっては神様みたいな存在だった

今日はジョージズ・バーのカウンターの中にいたMさんと佐伯さんを偲んでいる

佐伯さんの分のジン・トニック、自分たちの分のジン・トニックでまずは献杯

「仕事中に酒なんか飲むんじゃねーぞ」と佐伯さんが生きていたら叱られそうだが

今日はいいじゃないですか、普段は飲まないんだから一杯だけ

それから、「長髪と金髪にするな」でしょ、はい、両方してません

カウンターの奥の方でウインストンに火を点けながら言われた小言は忘れていません

今日はウインストンを買い忘れたのでハイライトで我慢してください

バーテンダーとして、すごい人だともちろん思ってましたけど

その前に好きでした、かっこいい爺さんとして

12月の中道通りを歩いている時、「コート羽織りませんか?」と言ったら

「いらねえ」と寒いなか真っ白なバーコートでスラックスのポケットに両手を突っ込んでた

本当にカッコよかった、佐伯さんみたいな爺さんになりたい、今もそう思ってます

あと「カクテル作るときにハートを入れろ」ですね

佐伯さんのことも、この言葉も忘れませんよ

そして今、お気に入りのスタン・ゲッツのファースト・ソングも流れています


今週のお花

P8020265_convert_20120803011722.jpg

水曜日またいつもの花屋ファイン・バレーさんで花束を作ってもらいました

鮮烈な赤 グラジオラス 名前がチノン

淡いピンクのケイトウ 名前がボンベイ・ピンク

木苺 これがベビー・ハンズという名前だそうです

ベンケイソウ 名前はオータム・ジョイ

で、ご主人に今週のテーマは?と聞いたら

「ボンバー・ヘッド・・・」だって・・・

というわけで ボンバーヘッドだ!(なんて自由な人なんだ)

そうそう、忘れてましたが先週は

P7260247_convert_20120726204552.jpg

リンドウ 安代の夏っていう名前

デルフィニュウム 名前がスーパーグランブルー

バラ 名前はメモリー・レーン

ドラセナ これは名前がジョニーノーブル

あと野苺

これでテーマはなんだと思います?ブルーにこだわって

「港やブルース」だって・・・・

まあいいさ、いつも綺麗なお花ありがとうございます!












検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア