FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いかけてロンドン、縁は異なもの    J&B RARE

j&bグラス_convert_20160702112321

久しぶりにお天気ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今日は皆様もよくご存知のブレンデッドウイスキーJ&B RAREのお話です。

J&BのJ、はジャストリーニさんの頭文字です。

ジャストリーニ&ブルックスのJです。

1749年ジャストリーニさんは、惚れてしまったオペラ歌手を追いかけて

イタリアのボローニャからイギリスのロンドンまで来ました。

そして願いもむなしく彼は恋に破れてしまいました。

しかし、彼はロンドンでイギリス人のビジネスパートナー、ジョンソンさんと出会いワインの会社

を設立しました。。ジャストリーニさんはその後ジョンソンさんに会社を売り、故郷へと帰ってしまいますが、

その年、国王ジョージⅢから最初の王室御用達のひとつに選ばれる名誉にあずかります。

後に1831年会社はアルフレッド・ブルックスさんの所有になり、J&B、ジャストリーニ&ブルックスと

名称を変え、リジェンツパークに設立されました。

ブルックスさんは、ブレンデッドウイスキーの潜在的な需要に目をつけ、熟成されたモルトウイスキーを買い

貯蔵し、独自のブレンディングをする先駆けの一人となりました。

なんとアメリカの禁酒法時代にもアメリカ市場向けのブレンデッドウイスキーを売り込んで行ったそうで、

その甲斐あって1933年禁酒法が解けてアメリカで売れていったブレンデッドウイスキー、

それがJ&B RAREだったのです。

当時のモルトウイスキーは現在のものと比べると癖が強く、飲みにくいものだったそうです。

なので当時はスムースで飲みやすいアイリッシュウイスキーを好む人たちが多く、

アイルランドにはアイリッシュウイスキーの蒸留所が今の数倍あったようです。

そしてご推察のように、ブレンデッドウイスキーの登場によりアイリッシュウイスキーは

市場規模を縮小していきました。

J&B RAREはノッカンドぅー、グレンスペイ等を中心的に42種類のモルトウイスキーにグレンウイスキーを

ブレンディングしたスムースな香りと味わいのウイスキーです。

よくカティー・サークに似ていると言われることを考えると何となく納得できます。

今では世界でジョニーウォーカーに次ぐ2番目に売れているブレンデッドウイスキーです。

とても飲みやすいウイスキーです。是非お試し下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジョウジの港

Author:ジョウジの港
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。